気ままな フォトライフ

[ デジタル写真専用] 初秋から晩秋の奥日光小田代ヶ原の幻想的な貴婦人との出会いをもとめ・・・小田代風景以外では、季節の花や野鳥・水鳥、特にカワセミ、白鳥などを追いかけています。数年前より念願であった、ヤマセミを撮る事もでき楽しんでおります。猛禽もレパートリーに加える事もできました。

冬支度の小田代ヶ原 

撮影日:11月17日(金)
晩秋の小田代ヶ原
晩秋の小田代ヶ原
スポンサーサイト

雲燃ゆる・小田代ヶ原 

真っ白な小田代を脳裏に描いて・・・
何もなぁーい!

この朝焼けだけが慰めに・・・

撮影日:11月17日(金)
朝焼けの小田代ヶ原
朝焼けの小田代ヶ原

霜で真っ白・輝く小田代 

撮影日:11月7日(火)
輝きの小田代ヶ原
輝きの小田代ヶ原

戦場ヶ原の光景 

撮影日:11月6日(月)
戦場ヶ原の光景

晩秋の小田代ヶ原 

晩秋の小田代ヶ原は朝一番の光が、中央の白樺の木(貴婦人と呼ばれている)目がけ一直線に差し込む
小田代ヶ原で一番美しい光景だと思っています。
この時期を狙って県内外から多くのカメラマンがやってきます。

撮影日:11月6日(月)
晩秋の小田代ヶ原

撮影日:11月7日(火)
晩秋の小田代ヶ原

今日の小田代ヶ原 貴婦人 

中々気象条件が揃わないですねぇ
着いた時は好みの雲が出て朝焼けを期待しましたが
それも虚しく・・・

撮影日:11月7日(火)
小田代ヶ原 貴婦人
小田代ヶ原 貴婦人
小田代ヶ原 貴婦人

この光景を撮りたくて・小田代の貴婦人 

ようやくお目にかかることができました。
実は昨日も小田代へ・・・
三脚も飛ばされるような強風でした。
一枚も撮らず撤収!

裏切られても、裏切られても・・・
自然の裏切りは何が起きるかわかりません。
20年近く小田代の貴婦人を撮り続けて、数え切れないほどの挫折感を味わってきました。
でもこの光景、風景を目にすると・・・
また来よう!また来年も・・・・・と
こんな繰り返しです。
朝もやが出ると幻想的な光景になるのですが贅沢は申しません。
撮り続けている割には、上達が伺えないのは残念です(笑)

撮影日:11月6日(月)
小田代ヶ原の貴婦人
小田代ヶ原の貴婦人
小田代ヶ原の貴婦人 
小田代ヶ原の貴婦人
小田代ヶ原の貴婦人